なんてったって、世界にひとつ☆

フィギュアスケート観戦が大好きなわたしにとって(いえ世間の誰にとっても☆)今季最後の大会となる国別対抗戦!
注目は、もちろん羽生結弦選手の仕上がり具合。。今回はスペインカザフスタンという強豪が規定によって参加できないため、変なプレッシャーがなくいい結果が出せるといいなと想っていましたが、
もうぶっち切りでした。何がどうであっても獲りにいくっていう気迫が羽生くんから漲っていて、演技を見ているときにこんなにワクワク感を感じたのはソチ五輪以来かもしれないな、と個人的にびしびし感じてしまいました☆☆☆
1度転倒したけどわたし的には全然ok!な感じ☆★☆
何かが心配っていうのは一切なくって、どう勝ちに行くのか?を見守っている感じ。日本には羽生結弦がいるから大丈夫だよね、って想ってもらえる演技をしたいってINTERVIEWに答える羽生選手は、ホントにヒーローだ・・・と想ってしまいました☆

あのピンクのお飲みものは・・・何??とか、
ラジオノワchangは振りつけとかいうより以前に、きっとダンスが大好きなんだろうなぁっていうのが伝わってきたり、
ハンヤンはTVには映らなかったけど調子を戻してきたんだなーと想ったり
コフトゥンのボレロはやっぱり曲が変??テコでいつも気になるんだなって想ったり(ごめんなさい★高校の時くらいからよく聴いていた曲だったので☆)、
ゴールド選手って、あんなにきれいな演技をする選手だったんだ・・・ってじんわりと感じたり・・・していました。
美しさって、きっと当然のことなのだと想うけれど、調子の良し悪しでまったく変わってしまうんだなって改めて感じました☆

明日のフリーも愉しみです☆


さて、お話しは変わりますが
こんな記事を見ました。(動画を見てから記事を読んでください☆)
http://www.gizmodo.jp/2013/05/iq_1.html


この記事に書かれているように、何かを“何かの目的のため”に捉えようとするとき、まわりにある・・・あたりまえみたいにたくさんある余分な成分は見なくていいものなんだと
改めて想ったのが、今日とても興味深かったのです・・・**(*v_v*)***


ではでは、よい夢を!