子ども、じゃなくて、子どものような。

映画館の会員デ〜だったので“イミテーション・ゲーム”を見て来ました♡
コンピューターのはじまりを創ったひとのお話しです。こんなに重たいはじまりがコンピューターにあったなんて想像もしなかったので、衝撃を受けました。
第二次世界大戦の最中に、英国で、ドイツ軍の暗号を解くために生み出されたものがはじまり。そこにはさまざまな思惑と、それを生み出したアラン・チューリング氏が生まれもって持っていた“普通ではなさ”から来る困難が絡まり、複雑さを増してゆきます。
まだまだ公開中につき詳細は控えさせていただきますが、このことは50年間も国家秘密にされていて、公になったのはいまからたったの2年まえです。現実にあったお話し・・・なので、皆さんもよかったら観てみてください✩°。⋆
http://imitationgame.gaga.ne.jp

予告編を見て気になったのは“リトル・ダンサー”というミュージカルのライブ映画。


roomっていうバーチャルなお店をやってみているのですが、これ本当に面白い。もはや趣味♡
なにも資金がかからないのに誰かが本当に見てくれるお店をひらけるなんて、ドキドキ・・・•.¸¸♪
物を見る目が養われるので、本当に欲しいものがわかるというか、物欲がなくなる のが意外。必要なものをできるだけ吟味する習慣が身につきそうです☆うん。

さてさて、大好きなフィギュアスケートの国別対抗戦がもうすぐ、だけど
こんなおもしろい映像を見つけました。ミーシャ・ジー選手が上げていた映像。ミーシャって衣装やプログラムも含めてもっと深刻なひとかと想っていたけど、エキシビションのあの滑りをみて印象がガラッと変わりました。驚き!そしてこの映像をもしミーシャご本人がつくったのだとしたら(わかんないケド☆)、音楽がすごく好きなんだろうなぁ・・・と感じました( ˘͈ ᵕ ˘͈♡)

羽生くんは・・・試練を乗り越えて強くなったから精神的に余裕が生まれたんだよね☆って想いました・・・うん☆

そして、この記事いい記事だなあと想いました。ハビエルのお父さんのinterviewです☆

美輪サマが仰っていた、正負の法則っていうのは本当かもって想います。。日が当たると同じだけ影ができる・・・。それは誰にとってもきっと同じなのかも。わたしも覚悟してゆかなくてはね。


3枚目のお写真は、大好きなお店で菜の花のパスタと白身魚のトマト煮とさくらのアイスクリームな春セットをお願いしたときのアイス〜♡さくらのアイスがついてる春セットを食べたのはわたしだけだったのに、みんなにさくらのアイスを出してくださったお店の方に感謝です☆白身魚は鱈みたいだったけどもっとふっくらしてるよ?っていっていたら、なんとナマズだったそう☆高級魚なんだって。初めて食べた!!


自分の過去日記をみていて、たとえばどんな運命や経験も無駄にならないし、修行として置かれているんだと想っているほうなのですが、もっと根源的に本質的に考えたとき、いつまでも瑣末にとらわれて本質の流れを忘れたものは次第に滅びてゆくに決まっているし、それに絡めとられる必要ってないんじゃないかな・・・って電気ショックのように想ったのでした。
本質に沿っているものっておそらく上手く行くようにできている、のです。おそらく☆それはたぶん、真理と繋がっているから。


BIG LOVE・・・☆
YUKO