冬めきて ほっぺたぴんく 桃かもね


皆さま、こんにちは🌟

ただいま俳句脳につき、いくつかDropしてみるでござる。

しろくま
セーター纏い
眠れない!


雪の朝
誰のあしあと?
ぺたぺたり


寒いよね、
さむい!さむすぎ
長い影. . .


清冽
命に憧れ
冬嵐


ぼくたちの
永遠語ろう
冬林檎

4番目のものは、羽生結弦選手について詠んでみた一句でした☆
最初の写真はルパンみたいに闊達に!です💕


最近“町田樹”というキーワードで検索していらっさるかたが大変!!!に多いです。
羽生くんと町田くんについて、羽生くんは答えのある理数系の哲学に沿っていて、町田くんは答えのない文学系の哲学、
とおっしゃっているかたのTwitterを見つけ、まさにいい得て妙だなぁと唸ってしまうのでした。町田くんはなんだかフランスの文化人??の薫りが・・・★
羽生くんが形而上学的、っていう見解を述べているコラムもなんだかわかるような気がする・・・。おふたりとも、骨があっていいですよね。

きっと、今のことはあとになってみないとわからないけど、どんどん高いところに手が届いてしまうと速度が上がりすぎてしまったり、終わりがはやく来ちゃって人生楽しんでいきられないから、いろんな障害があるっていうのも悪くないのかも??って想う。ピカソみたいに、あたらしいことがどんどんできちゃうひとは“できてしまうこととの戦い”をず〜っと続けたりすることになったりするけど、障害が効いていればいつも挑戦者でいられるから・・・きっと、もしかしたら悪いことじゃないのかもって想うな☆


昨日はこんな文章を読みました。

“外側にばかり耳を傾けると、
「相対」の世界に引きずり込まれます。
「絶対」の人は、「相対」の世界で勝つこともできる。
しかし、「相対」で勝つことを追い求めている人は、
「絶対」の世界を知ることはできません。
双方向的ではなく、一方通行なのです。
「相対」は有限、「絶対」は無限”。

こころのなかに何があるかはそのひと次第だけれど、一瞬一瞬の質が変わっていくような言葉だなって感じたのでした🌟きょうは自然派の成分を生かした化粧品のpresentに当たってしまいました☆そんなにしょっちゅう出しているわけではないのですが・・・今の乾燥する季節にとっても助かります。大切に使います☆


神様が応援したくなるような人を目指します、っていいな。


BIG LOVE
YUKO