A Jewel

“宇宙遺産”っていう番組(録画していたもの)を見ていました☆
いろんな角度や立場にいる人々や、天文台などが撮りためてきた選りすぐられた宇宙の映像を100コ見る、というもの。鮮明に切り取られた宇宙の姿って、どことなく毛細血管とか細胞のように見えてきます。有機的な造形にぬくもりを感じてすごく好きです。
わたしたちの血液の中には、宇宙をつくっている成分がわずかずつすべて含まれている、一滴の血液の中に大宇宙のすべてがあるのだそうです・・・なので生命科学天文学はいま、宇宙やひとがどこからきたの??という共通の謎に挑んでいるそう☆★☆
ひとも宇宙の一部なんだな・・・とじんわり。



載せてみてるのは、とても綺麗な木星の大赤斑(ゲストのしょこたんによれば、2009年に地球と同じくらいの大きさのシューメーカー・レヴィ彗星が激突して地球からも確認できるくらい巨大なキノコ雲が立ちのぼったのに、ビクともしなかった木星は、男らしい星だそう☆)と、メキシコとアメリカの国境。こんなにハッキリ見えちゃうんですね★☆★うぅ〜む(ФωФ)



そして、“死にゆく星からガスが放たれてねじれたリボンのかたちになっている”リボン星雲と、馬の首星雲!なんて美しいの??とべたり。



太田光さんもおっしゃっていたけれど、こういう最新の宇宙の映像を見れるようになるずぅっとまえから、ひとがこういう絵画を描いていたことって・・・そしてこういう宇宙の姿とひとの絵に、なにか共通点が見えるのはとっても不思議なコトですね。


(最後の1枚は、太陽からとっても離れていてなにもかも凍ってしまうほど寒い位置にあるのに、火山が爆発したりして活きている、木星の衛星イオ。わたしの大好きな星です)。


宇宙を、美しいって感じる気持ちって、すごく素敵だと想う☆☆☆
心がとろけちゃいそうです・・・***(*v_v*)***

と・・・ところで素朴なギモンシリーズその1.
宇宙エレベーターってどこに建設するのでしょう??宇宙からの眺めをゆっくり味わえるなんて最高!!!って想っていたけど、同じ景色をずっと見ているの??ってふっと想ったのです。
フロリダの、遠浅の海とそのすぐそばで深く落ちこむ深い海の、青い青い青の美しいコントラストを見ることってやっぱりできないのかしらん・・・?
最早宇宙飛行士になるしか道はないのかも知れません (>o<)/。


全然関係ない、お写真は大好きで新しいFlavorが出ていると買ってしまう“愛のスコール”ブルーソーダ味と、四国銘菓“一六タルト”の上でくつろぐ&ハイハイ中の一六タルトキュウピィちゃんです☆☆☆
TitleのJewelは地球です。


LOVE
YUKO