ワンルームのバンビ

修理中だったPCがあっというまに戻ってきてビックリしている今日です。。。☆今回はAppleのサポートセンターの皆様に大変お世話になったのですが、勉強になったことは、相談はプロの方にしよう☆ということでした。ネット上では、サポートに電話をするだけで何千円、修理をお願いするともう1台PCが買えてしまうくらい高額・・・などなどの情報が飛び交い、大変だぁ・・・と想っていましたが、AppleのFreeのサポートダイヤルを見つけて相談したら、いくつかの修理のケースを親切に教えてくださり、しかも紹介していただいた、家から1番近いApple直轄の修理センターのスタッフの方のご判断が的確で、どうやら高額になりそうなわたしのPCの修理は1番安価な方法(簡単な修理でも同じだけかかっちゃうけれど、そのかわり高額な修理になった場合でも一律料金でしていただける自宅集荷修理)で済みました☆

どんなことでもそうかも知れないけれど、きょう耳にしたのはお肉のランクに関する誤解のようなもので、“A5ランクのお肉がいいといわれているけれど、それは味ではなくて、一頭の牛からどれだけの量の霜降り肉が取れるかっていうお肉業界のひとにとっての価値のことで、消費者にとってはB5ランクでも味や質はまったく同じ・・・”(しかも健康を考えれば、B2ランクくらいのお肉のほうが味もそんなに劣らないうえに身体にもいいし、お値段は半値以下☆)という話題に、噂や評判みたいなものをそのまま鵜呑みにしてしまわず、賢い消費者になることって大切なんだなぁと想いました☆うん。


手放すことにした何枚かの洋服を組み合わせて、小物を作る構想をねりねりしていました☆☆☆もともと同じテイスト(わたしの趣味☆)のもとに集結したお洋服たちなので、バラバラにして再び組み合わせてもまとまりが出るんだなーと想いました。つくづくこういうものを作ったり、作る構想を練ったりしているときが生きてるって気がする☆企業に属してその企業発ではなくて、あくまで自分発でないとわたしはダメなんだなって想う。それは、いろいろやって経て感じられるようになったことです。
それも何かを作るために材料を買いにいく、っていうのではなくて、持っているもののなかでやれることを最大限に探すほうが合っていて、そういうのが自分に合っていることもいろいろ経てきて気づいたこと、でもあるのが、生きてるっておもしろいなって想う。

きょうのいちまい・・・は頭のうえにピッカリ姿を見せていた太陽です。太陽の光ってどうしてあんなに気持ちがいいんだろうね。おやすみ。