Red Book

昨夜は青山での、Sonny Angelというキューピィにも似た(というより100%キュウピィなのだが)可愛い子たちの10周年記念パーティに招待されていた。

しかし、いつもの悪い癖で、キャットストリートのふと通りかかって目に留まり、どうしても通り過ぎることができなかった魅惑のアクセサリーパーツの店“ ブルックリンチャーム”に吸い込まれるように足を踏み入れ、しかもそれをお教室にて製作までしてしまうことになり、約束の時間はどんどん過ぎていくのだった。
店の2階が製作のための教室になっていて、そこにはすでに何人かの客と指南役のキュートな店員さんがひとり。わたしはペンチを握りしめ、
わ〜向きを間違えちゃいました☆☆☆とか、このチェーンに輪っかが入るなんて信じられない☆とかいいながらも、かわいいブレスレットをふたつつくり、(残りのパーツはなにをつくるか検討中☆)えもいわれぬ満足感でいっぱいになったからだを、ふたたびキャットストリートにはきだすのだった
(できあがったアクセサリーを入れてもらった袋も可愛いいぃぃ♥)


青山でのパーティー会場はケーキやシャンパン、ワインなども用意された本格的なもので、ディスプレイされたキュウピィちゃんたちのなかには、いままであちらこちらのイベントで出逢いわわー欲しい!とかこころのなかで叫んでた子たちもいて、そしてなぜか半透明な子などもいて(“あなたは宇宙人じゃないんですか?”という、“LIFE”というとても興味深いコント番組でシリーズ化しているネタを想いだしてその言葉を問いかけてみたりしながら)、もうじき発売になるという某マカロンブランドとのコラボキュウピィちゃんたちを、“持って帰りたいッッ!”(もちろん、持ち出し厳禁)と心の中で叫びながら見学。
外国人のお客さんもちらほらいて、海外での人気の高さもほのかに窺わせていた。

さて、小さいとはいえ、3つもケーキをいただいてしまったのでそのまま帰ろう・・・と想いきや、なんとなくぴーんときてbills(長蛇の列ができているのが常でいままで1度も入れたことがないパンケーキが有名なお店)に立ち寄ってみたら、全然並ばずすんなり入れてしまった・・・そのことにも驚いたが、お願いしたパンケーキはもとより、エルダーフラワーのコーディアルソーダというお飲みものが恐ろしくおいしくて、店員さんに想わずこのお花の正体のことを質問してしまうのだった。まったくちがうものだとは想うが、どことなくひまわりのような香りが立っていたので、ひまわりのハチミツをみつけたらそこに檸檬や葡萄果物(オレンジに似たあの黄色い果物のことである☆)を足して炭酸で割ると、同じ味になるきがとってもしたので、ここに記すことにした。
(ちなみに、エルダーフラワーコーディアルとは、イギリスでよく飲まれているクレープフルーツのような香りのハーブのシロップだそうです☆あ、書いちゃった☆ふふ)店の外に出ると、あいかわらず長い行列ができている夜なのだった・・・☆
なんて、ある文章を真似して書いてみました☆
ちなみにアクセサリーパーツの“Pisces”は魚座っていう意味だけど、よく見えてなかったわたしは“Peace”とかだと想っていて、家に帰ってビックリ!でもなんだかんだ自分の星座を買ってるのってすごい☆と感動するのでした。




ちゃお。