月の小径


桜が咲きました。庭のさくらんぼがなる木(鉢植えでちっちゃいのですけど☆)のお花です。お花のうちにちいさい鳥たちがきて蜜をすい、お花がおちてしまうことがあるのですけれど、母が自然にしておくのが好きみたいなので・・・なすがままになっているここ毎年です。ほんとうにそれでいいの??とは想うのですけど・・・きっとよいのでしょう(しらないけど)☆☆☆
お庭にはいい匂いのするお花たくさんあって、いまは沈丁花が咲いているので、家に帰ると、夜の暗い色をしたひんやり青い空気のなかに、すぅーっとお花の甘い匂いがまざって包まれます。東京を歩いていても、そんな風にお花の匂いがすることはほとんどないので、わたしはここに住んでいてよかったな〜って想うのです・・・**(*v_v*)***

でも、


東京だってこんな風に見てみるとすごく綺麗。
ちなみにこちらは、品川のビル群を万華鏡cameraで切り撮ってみたモノ・・・☆
夕暮れどきに目のまえにあらわれて刻々とかたちを変えてゆく、たくさんのビルたちが織りなす本当に映画のような息をのむような光と影のパノラマショウを目にしたとき、そのなかで生きているちっちゃくてもたくさんのぎっしりつまったひとたちに想いを馳せると、その光景がこころに焼きついて圧倒的に忘れられない景色に変わったりします。

宇宙のなかでひとり生きるわたしと、社会のなかで生きるわたし☆
その両方をいつも意識しながら生きている気がする、とおっしゃったのは詩人の谷川俊太郎さんだけど、
わたしは本当の本当のことをいえば、宇宙のなかにいるほうのわたしがちゃんと生きているほうがちゃんと生きていられるような気がするけど、
でも宇宙のなかにいて、そんな自分を持って社会のなかにゆく、と
いい人生ができあがってゆくような気がします☆うぅむ☆☆★☆☆わかんないけど☆

そして、プラスとマイナスは同じ分量だけ降り注ぐようにできていて、
もしかしたらどんな花束かはそのときはわからないけれど・・・マイナスを受けとると、想いもしなかったような花束が人生に投げ込まれたりするのかも知れないなって想います。
そんなことをじんわり想っている・・・
春の日☆☆☆です。


素敵な人生を★☆★



いまのところ世界中でいちばん好きな音楽、TEAM MEのNEW ALBUMがもうじき発売になるそうです☆
いい匂いといい温度といい色の風がいっぺんに吹いてくるような、こころがおいしいっていう音がつまってる。
こんなメイキングを見ると、やはり音楽作ってみたくなってしまいます☆大好きな音ばっかりでできているのだもの!!!

LOVE
yuko