さくららら ららら らららと ハミングし。

春の句を一句。季語もはいっているから、たぶんおかしくないハズです☆(本当かとかいわないで ( •ॢ◡-ॢ)-♡)


菊池亜希子ちゃんの、大好きな本“マッシュVol.5”が出ました。今回の特集は、ズバリ・ファッションについて☆菊池亜希子ちゃんはほかのモデルさんとなんかちがっていて、いつもたおやかなのに凛とゆるやかな芯があって、ムリしていないのがつたわってくるところが大好きです。それはそこはかとなく、おしゃれにも筋を通していて、全体から滲むように色や匂いが香ってきます。


“おしゃれ≠ファッション??
わたしはおしゃれなひとって呼ばれたい?
いいえ
服は服。私は私。
それぞれがいいかんじ。
一緒だと最強がイイネ👍

恋とおしゃれは似ているの?
はだかんぼうじゃいきられない。
あたりまえに服を着る。

着飾るっていうことじゃなくてね
その服を着て、生きているってこと。”

冒頭のページのご挨拶なお言葉たち☆
ステキです☆☆☆

わたしもそういうのが好き。。

今回は、前回までみたいなぎゅーぎゅうーにつまった読み物ページが鳴りをひそめ、おしゃれ写真が映えるシンプルなつくりになっていて、それぞれのページにそえられた詩のようにも感じる小さなコメントがじんわり効いている1冊になっています。



“おせっかいな案内人”っていうページに綴られた菊池さんは、まるでわたしみたいだなって想うこんな春の夕べなりなのです。
http://www.shogakukan.co.jp/pr/mash/vol5/index.html

LOVE!
YUKO