10月のクチュール

こころがうきうきすると日記にもどってくるキュウピィちゃんなのですが、今日はこんなおnewsをみたのでうちにいるキュウピィちゃんを想わずぺたり☆★☆(http://xbrand.yahoo.co.jp/category/entertainment/11331/2.html まえから好きだったマリオン・コティヤールにさらに親近感が湧きました)
秋の日射しとはいえ、まだまだ太陽もまぶしい1日、日焼けには注意しなくっちゃね☆といいつつ間違えて半袖着てきちゃった☆☆☆と茶目っ気たっぷりに微笑む、NYでお散歩中の貴重なショット。このあと帽子を買いにいったみたいだけど、あたまがおおっきすぎて入るのがなかったみたい。着ているTシャツも・・・いつもどうやって着ているのかしら???(とあらためて謎に包まれるわたし、なのでした☆うふふ)。
さてさて、キュウピ〜ちゃんつながりで、こんな映像も発見!宇宙からこんなに可愛い子たちがせめてくるなんて・・・夢みたいです。

そしてこちらはキューピー生みの親ローズオニールさんのVTR。
かわいいぃぃぃ!!!
以上。

おやすみなさい★zzzz(*v_v*)zzZ


ほんとうに私事なのですが、ここのところ考えに考えていたコト(もうひとつのお仕事のコト☆)に決着がつきましたので、ご報告いたしマス☆
この時(http://d.hatena.ne.jp/caramelaucafe/20111030)から約2年、よくここまでやったと想えるとこまで頑張った、ので一応ひと区切りつけることにしました。まだちょっぴり行くけれど、オマケ程度にしていただき、絵のほうに邁進してまいります。
じつはVOGUE girl UNIV.っていう読み物アプリの蜷川実花さんのお言葉に衝撃を受けて刺さり、こころが決まった感じです(電車のなかで☆)“みんなが右にいっても、いきたいと想ったらたったひとりでも左にいける人間になってほしい”、っていうお父様(蜷川幸雄さん)の教えとか、人生一度だから腹をくくれ!とか。
なんていうかちからを吸われている回路を一旦切らないと先に進めないのがはっきりわかってきて、こころとあたまが芯から健康的で自然に戻れた気がしてホッとしているいまです。しかも、たとえば必要なモノもいっぱいあるし、ある程度は収入もないと☆(世知辛いお話しでごめんなさい)なんて想っていたことが、じつはちゃんとしっかり考えてみれば自分にとってはホントに必要なものじゃなかったり、モヤがかかっていて隠れていた本当に描くべき絵が見えてきたようなヴィジョンがひろがって、こころの整理(ケリ!)をつけることって案外大事なんだなぁと想いました。(クリエイターということを生業にしたいと想うタイプの人間に、こういう種類の両立は無理みたい☆自分で何かを考えて決められない機械に組み込まれた部品みたいなひとになったら、何かを生み出すことなんてできないから・・・)
目ははっきりひらいてるよ☆