SEA STR★S SKY


なぜか、BRAHMANTOSHI-LOWさんとノンフィクション作家の石井公太さんのInterview
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130413-00000823-playboyz-sociを読んで、こんな風に想っていました。

富士山が世界遺産に登録されてもされなくてもずっと昔から同じように変わらない価値でそこにあるように、わたしたちのこころのなかは変わらずにいていいんじゃないかなって・・・
ジブリの最新作に絡めたInterviewで、宮崎駿カントクが “東日本大震災リーマン・ショックのあとで、ファンタジーを簡単に作れない時代が来た”って仰っていたことに、すこし違和感を感じていたのでした。こころのなかは、何が起こっても、周りが何を言ってもきっと変わらなくていい・・・ただ、やることが増えるだけ、なのだと想う。こころのなかをいろいろな出来事に試されているような気がする・・・
ガンコなのとはちがうけれどね・・・★(周りのひとの気持ちを無視して自分を押し通せばいいっていうのとは無論、全然ちがうと想うのです)。


きょう、東洋医学の先生と、みた夢のお話しをしていました(友達なのでカウンセリングとかじゃないよ!)。わたしの最近みた印象的な夢は、誰かに追われていて、お城(日本のお城です)の隠し廊下みたいになっている木の廊下をひたすら上に登りながら逃げていて、天守閣に着いてそこからすごい数の風船をつけて飛び立つんだけど、それまで白黒だった夢が風船だけに鮮やかな色がついてるの・・・っていうものなのだけれど、それは“上昇志向があって、達成して飛び立っていくすごくいい夢”と評してくれました。そして、ルパンと一緒に何者かから逃げていて、途中で後ろに向かってピストルをぶっ放しつつ(乱暴ですみません 笑★)そのいきおいで前にびゅーんと飛んで逃げるんだけれど、最終的にたどりついたところはすごく美しく明るい水色のプールがある場所で、そこにはいままで亡くなったひとがいっぱいいて、そこが天国なのがわかって大泣きする、っていう夢は、“過去は振り切って進んでいくっていう感じだけれど、やっぱり振り切り切れなくて、過去はとっても大事なのがわかるっていう夢じゃない?”っていわれて、わたしの夢の話しをしているんだけど、客観的にわたしのコアのことをいってもらえてるみたいで、すごくおもしろかったのです☆
その先生は、道がどんどん狭まっていって最終的にものすごくちっちゃい扉になっていたりするんだけど、何とかこじ開けて進んでいく夢なんかをよく見るそうで、時々自分を追い込んでるお話しなど(笑☆アスリートでもいらっしゃるのです)を聴いているのでわかるなぁと想ったのだけど、あまりにも寝苦しいので心理学の先生に相談したら、八方ふさがりになったりしているのなら問題だけど、扉が小さくてもどんな風になっていたとしても、なんとかしてるのならすごくいい夢なんじゃない?っていわれた、それで“結局なんとか乗り越える”ところはわたしがお話しした夢と一緒だなと想った、って仰っていて、夢って個人的なものだけど、ひとに話すと意外と外側から自分の核みたいなものが紛れもなくわかったりするのかも・・・って★すごく興味深いなって想ったのでした★

お花はベランダの外で咲いているノウゼンカツラです。
TED(くまちゃんの映画じゃないよ!)をひたすら見ている夜です・・・☆
http://matome.naver.jp/odai/2132210441892106201


おやすみなさい
ゆうこ。・・・(*v_v*)☆