花は咲く


きのう選挙が終わりました。なんだかいろんなことがわかったような…気がします。きょう、ある友人とそんな話しをしていて、第一党になった党は改憲や戦争をしたいわけではなくて、海外紛争などに派兵しても自衛隊は闘うことができない(他の国が逆に日本を守らなくてはいけない☆)から、もっと戦力になってもらうために圧力がかかっているのではないか??ってそのお友達はいっていて、最終的にスイスみたいに永世中立国になっちゃえばいいのにってわたしがいったら、でもスイスって道とかにミサイルが配備されてるんだよって教えてくれて☆★☆帰宅して母にその話しをしたら、スイスが永世中立国を勝ち取るのにはすごく大変なところを乗り越えたはずよ、それにいざというときはみんなが(兵士として)出ていける用意をしているはずよ☆って話してくれました。*1

それとは全然別に…戦争反対(改憲反対)っていいながら、それが“戦争に抗っているパワー”を発しているのなら、それは戦争に似ているような気がしてしまったのです。そんなことをいったら実も蓋もないのですけれど…でも、素直にこころに伝わってくる気持ちがあたたかくないような気がして…愛ってもっと包んでくれるもののような気がして…。本当の愛ってもっとヤナギのような気がする。本当に明るくていい気持ちになれるもの…わたしはそっちのほうに生きたいと想っているようです。“意志”っていうより…心が本当に幸せに変わっていきたいって想うみたい…☆
でも…心に傷を持って必死に生きているひとが、世界を動かすのも知っているけれど…。

もうひとつ…わたしはこういうのがステキだな…って想ったのです。
http://komazaki.seesaa.net/article/308104801.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter 
笑顔で。


写真はなんにも関係ないけれど、大好きなDOUGHNUT PLANTの真っ赤っかなドーナッツです☆

おやすみなさい。
こんな歌を聴いたら、戦争をしたいなんてきっと誰も想わないと…想ったのです。
http://www.dailymotion.com/video/xt3ab5_yyyy-nhk-hanawasakunhkproject_shortfilms#.UM8Zp4479qM

*1:スイスについては、調べてみたらこんな風に書いてありました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9
これを読んで、勿論わたしも戦争には大反対ですが、日本って“毅然とした態度”とか、“断固とした覚悟”とかが足りないんだなと想ってしまったのです…
お母さんが、何があっても子供を守るみたいに。。。☆☆☆