流れ星 ペブルパブルと はじけ飛ぶ!


ちっちゃい土地をどんな風に工夫して家を建てるか、っていうTV番組を少しだけ観ました☆そのおうちは和を意識した家で、玄関は引き戸(お庭を少しでも大きく作るため☆)、入ってすぐに土間があり、お風呂からは中庭にしつらえられた石灯籠や竹がみえ、和室はちっちゃいながらも天井にまるみを持たせて広く見せるなどの工夫が冴えて、とっても和めるおうちになっていました。その家にお住まいのご夫婦は揃って京の町家がお好きで、日本の家屋というものにこだわって作られたのだそうです。
条件に限りがあるなかで、こんなおうちが作れるってステキだな…と想ったのです。縛りがあるなかに宇宙にも通じるような世界観をつくりあげる、というのは日本(東洋?)にずっと昔から流れている独特の感覚で、俳句や生け花にも通じるもののような気がします。国土がちっちゃい国だけれど、そのなかにこそ受け継がれてきた、綺麗な日本の伝統や文化をもっと知ってみたいなって想いました☆☆☆
さて、青山の方にでかけたので、nicolai bergmannというお花のアーティストの方がやっていらっしゃるお店に足を運びました。花のお店とカフェが併設されています。わたしはハーブがふんわり香る・・・スムージーをいただきました。mossと生のお花があしらわれたガラスのテーブルもステキだったけど、壁一面にはりめぐらされた大きなmossのオブジェがとっても美しかった・・・のです☆こういう雰囲気って、和とも相性がいいかも・・・って想いました・・・☆

http://www.nicolaibergmann.jp/node/220
http://www.nicolaibergmann.com/

そしてそのあと、同じく青山にできた可愛い雑貨屋さんに立ち寄って、こんなお皿を買いました。H.P.FRANCEのお店な模様で、フランス人のデザイナーさんが日本の匠の技に惚れ込んで、ぜひ日本で作りたい!!ということでやっと実現した食器類なのだそうです。たしかに、カラフルなのですがこんないろみの食器は日本にはなかったかも・・・って想いました。たくさん組み合わせて色合いを楽しんでほしい・・・という願いのこめられた食器。すこしずつ買い足して、増やしていくのも楽しいかも☆
お店のおねえさんが教えてくださった、アートを“体験”するフェア(青参道アートフェア)もおもしろそう・・・☆しかもH.P.FRANCE主催(?)なのでおしゃれです!
http://aosando.com/archives/331
http://bazar-et-gm.com/


秋に一句詠んでみました(TITLE)。“流れ星”が秋の季語ですーーー✰
久しぶりにALBUM1枚ぶん丸ごと気に入った“Blackbird Blackbird”をぺたり☆

LOVE
YUKO