月のおもちゃ


今日、東の空にぽっかり浮かんでいた桃(いえ月・・・どうみても黄色い桃にしかみえなかったんです)はほんとうに美しくて、したたりそうに美味しそうで・・・きけば明日は中秋の名月だそうです。日本ではお月見だんごをお供えするけれど、わたしはここ数年中国式に月餅をかじりながらお月様を愛でておりました。月餅というのはお月見をしながら食べるので月、の字がついていて、中国ではお月見の季節にしかお店で売られないのだそう☆☆☆しかもホールのケーキみたいにおっきいのをみんなで切り分けて食べる、のだそうです☆(そして真ん中にはたまごの黄身がはいっているそうです*(*v_v*)*)
明日は台風が来そうなので観れないかも・・・(>o<)/
ちょこっとかなしいゆうこちゃんなのです☆★☆

こんなおはなしを見つけ、ここに記すことにしました。
http://bizpremium.nikkeibp.co.jp/innovations/leviathan/20120927/000161
“5歳のこどものように”っていうのは、岡本太郎さんやいろんな方がおっしゃっているなぁ・・・って想いを巡らせてみたり☆宮崎駿カントクは以前、“5歳のこどもは神様と人間の最後の境い目”っておっしゃっていて、うーん☆と納得したのでした。
わたしの姪changが4歳だったとき、おかあさんに“ブロックみたいなのを蹴って遊んでいたら、おなかがすいたなぁと想って、そうしたらちっちゃい光がみえてきて・・・そっちの方へいったらおかあさんがいたんだよ”って話してくれたのだそうです☆(だからあかちゃんは生まれたとたんにミルクをのむのね☆)おなかのなかにいたときのコトとして話してくれたわけではないけれど、きっとおなかのなかにいたときの話だと想う、って彼女のおかあさんは話してくれました。
大人になるにつれ、生まれてから数年のあいだにあった記憶はなぜかみんな消えてしまうように想っているけれど、なかには憶えているひともいるそうです☆それに、ちっちゃいおねえちゃんが自分よりもちっちゃい兄弟に向かって“おなかのなかは大変だったでしょう?”って話しかけたりしていることもあるっていうお話しも聴いたことがあります☆
ちなみに姪changは今、そんなの全然憶えていないそう 笑☆なので、おこちゃまがちっちゃいときにおなかのなかにいたときのことを憶えている?ってきいてみるのもステキなことかもしれません・・・
**(*v_v*)***

お写真は、きのう食べにいったインドカレー屋さんのいちごラッシーとお庭のバラ(の芯のとこ!)です。


それでは、おやすみなさい★zzzz(*v_v*)zzZ