Bill stickers!

純粋培養、ということについて考えていました。昔、完全に純粋培養ですごい絵を描く友達が何人かいたのだけれど、公のテイストをとりいれる(影響されちゃった感じかも☆)ことで“どこにでもある感”でどんどん薄まっていってしまって、とても残念だったのですが、純粋培養ってすごく貴重でonly oneになれる可能性がある(反対にいえばそこにしかない)と想うのです・・・☆というのを、深堀隆介さんのinterviewをみていてさらに想っていたのでした・・・☆(作風がある程度完成するまで、誰かに真似されないように8年間作品を公にしなかったそうです。いまのところ、世界で自分と同じことをしているひとに会ったことはない、って仰っていました)
そういえば、昨日大好きな宇宙番組”COSMIC FRONT”をみていて、いまNASAは火星にいく計画を推進中☆なのですが、研究者チームのなかに映画監督のジェームズ・キャメロンさんがいて、火星にいくには現実的な発想でかたまってしまってる研究者では想いつかないような斬新なアイディアが必要とされる、っていうことで、たとえば火星に着陸する船と移動車を合体させちゃえばいい(あらかじめ無人で火星に作っておいた基地と着陸ポイントがずれてしまった場合、車がないと宇宙飛行士たちは死んじゃうのですが、車を新たに積むと荷物になるっていうモンダイの解決策として☆)とか、秒速30kmという高速ですすんできた宇宙船を減速させないと着陸できないのだけど、それを空気でふくらませる(ちっちゃくたためる☆)パラシュートを作ってひらく!とか、SF映画的な発想だけど科学的な専門知識に裏づけされていて、しかも実現も可能なので決まったらあとは開発するだけ、っていうのをみていて、目先を考えて役に立つかどうかで選択しがちな必要ってないんだなと想ったのです。面白いと感じちゃうのは自分に向いているから。他に誰もやっていなくても自分が面白いと想ったことを極めるとonly oneの、他に誰も代わりができない役にも立つひとになれるんだな・・・って想ったのです。

ちょっとまえに、ミッキーマウスが熱射病で倒れて、でも中のひとを出せないのでそばにいたドナルドとグーフィーが運んでいった・・・っていうお話しを小耳にはさんでおもわず笑ってしまったのですけれど、きのう電車でTDLで働いている女の子がとなりに立ちながら苦労話をしているのを聴いてしまい、暑いなか大変だなぁと想いながら、あながちミッキーのことも嘘じゃないのかも・・・と想ったり想わなかったり・・・(想ったり)☆
そういえば・・・お友達の学校の先生がミッキーマウスの中にはいってた!っていう衝撃の話しを聴いたことがあってすごくビックリしたのだれど、何よりも衝撃的なのは、その先生が書いたミッキーマウスのサインがほんものっていうことだよね・・・って話し合ったことも想いだしました。。。
うぅん☆★☆ムムム☆

下のは今日のオマケです☆★☆
ねこchangは最高にかわいい・・・。
LOVE
YUKO