rouge vif!

透明な樹脂に絵の具で絵を描きながら立体的な金魚を創造してしまう、深堀隆介さんの“はねもの”展を見ました☆
上から見ると完全にそこに生きた金魚がいるようにしか見えないのに、それは絵で・・・でも立体的で。樹脂を重ねながら描いていく、というのは知っていましたが、どうなっているのか気になってしかたがないかたのおひとり、だったのです☆
使われている器(金魚鉢☆)は竹筒、木桶、アンティークの缶やふすまの把っ手。そして縁日などで金魚を掬うと入れてもらえるビニール製の金魚入れ(?)のなかにいる金魚ちゃんたち☆を横から見てはじめて、どんな風に描かれていくのかわかりました。

金魚は日本の伝統を象徴するものだけれど、深堀さんの作品は斬新で、
本当に“発明”で、和でありながら世界に通用するアートなのはすごいと想います☆☆☆

はねものとは、金魚を販売するときに市場に出せる整った完璧さからはすこしはずれた、目が片方しかなかったり、ひれのかたちに問題があったりする“はねられた”金魚のことで、深堀さんはそんな金魚に美しさや愛おしさを感じて描き続けていらっしゃるのだそうです☆そこにいるのは、本当に生きていて生きているようにしか見えない・・・美しい金魚たちだったのです・・・(*v_v*)。

こんな映像を見つけたので、よかったらごらんになってみて下さい♪

http://goldfishing.info/

イチロー選手の移籍のNewsをみました・・・いつまでもその先を目指す姿勢、カッコいいなと想いました・・・(*v*)vvvvv。本当に偶然なのですが、いまこの本を読んでいるところです☆☆☆イチロー×北野武キャッチボール
sweet dreams
yuko