ガラス質の声で


自分というものはフィルターであるので、持っている(培われた)感覚や手についた癖という面で目に見えるものとしての痕跡は残るけれど、“本質的にいいもの”は“意識の中から自分が消えているもの”で、それは太古から変わらない圧倒的に太くて揺るがないアートの神様に繋がれる流れのなかにあるものなのだろうと想う。なので、フィルターは素直に透明だったり綺麗な色をしていて、その流れを太く通せるものにしてゆけたらいいなと想う・・・☆
こどものときはみんなそうだったような気がするのですけど・・・☆

自分で書いたものだけれど、あらためて読みかえしてみていた今日です☆
常に皮膚感覚みたいに想いかえさないと自分が迷ってしまうポイントというのがあって、感覚的には、太い樹木の表面と芯みたいな感じになっていて、
表面は自分が選んで自分にくっつけてきた色とりどりの表皮、でも太い樹木の芯に流れているのは、森の奥で太古から流れ続けている透明な水・・・みたいな感じ。
それはむしろ、先人たちから受け継いだ水というよりは、人が世界に誕生するまえから存在する神様みたいなところに通じる水・・・?
だから、自分の芯は透明で自然でいたいなって想ったのです。

きょうはお休みだったので、外を歩きながら、おなかから息が吸えることって気持ちがいいな・・・って想っていました。
おなかから目をあけて生きていられたらいいなって想う・・・☆
ゆったりと、ちゃんといろんなことを間違えないでいられたらいいな・・・って想っていました・・・。

以前はあんなに雑誌が好きだったのに、このところ、ファッション誌に違和感を感じるようになってしまいました。
誰かのマネをするんじゃなくて、わたし自身が自然でいられる・・・洋服を選べるようになりました。

写真はune nana coolのムックについていたふろくの下着入れ☆ちゃんとした布でできているので、長持ちしてくれそうです☆下着が外から見えないように、バッグの中が袋になっています。下着の正しい選び方や洗濯の仕方、アーティストとのコラボ下着や下着のカスタマイズ!などなどいろ〜んな情報が載っています。賢い&可愛い本です☆★☆ハラマキも可愛い・・・夏におなかがひえてよくおなかいたくなるわたしには必需品・・・なんです☆★(*v_v*)★☆
じつはすごいデザイナーのひとの対談もあるよ!
http://www.une-nana-cool.com/

おやすみなさい**(*v_v*)**zzz