HOSHIのいちにち☆


昨日の夜からお天気予報のお姉さんがいっていた以上に、関東地方は大雪です。朝からもうテンションが上がり、写真を撮ってみたり、スプーンですくって食べてみたりとさんざん遊んでしまった☆☆☆
雪を食べてみるといつも想うのだけれど、踏みしめたときと同じぎゅ、っていうのと同じ感触が口のなかで起こるのが不思議・・・。そして飲みこむと、身体が自然に透明になって大自然にひとつに溶けていくような感じがする・・・そしてちょっとだけホコリっぽい味が残って、ややや、やっぱりバクテリアが・・・とか、おなか痛くならないかしら???とか想うのでした☆☆☆ふふ。完全に楽しんでる。

こんな大雪なので、撮りだめしておいたTVや借りていた映画を観たりして過ごそうかな?と想っているのですが、山下智久さんがアメリカを古〜い車一台で横断する“Route66”っていう番組を今とても楽しみにみていて、そのなかで対談相手のリリー(Flankie☆)が、大竹伸朗さんという画家のお言葉として、未来なんて想像通りになったことがないから俺は今の絵を描くんだ!っていうのがカッコよかった!夢なんて叶わないくらいでっかいほうがいい!虹のうえ歩いてみたいんだよね、くらいいっているほうが景気がいいじゃない?っておっしゃっていて、たしかにね、って想ったのでした☆
チャップリンが、80歳のおじいさんになって、あなたの代表作は何ですか?って訊かれて、“next one”だって答えたの、かっこいいなって想ったのでした。
ナバホ族の聖地で、そこで生まれて育ったインディアンの方に、人間は自然や宇宙のなかの一部。大事なのは外面ではなくて、地に足のついた自分自身の内面。自分を見つめなさい、っていわれていて、朝(そこに泊まった)山Pがホントに足が大地と繋がってる気がする・・・っていっていた情景がすごく美しかったのです・・・***(*v_v*)***

また雪が降りはじめました。どれくらい積もるんだろう。
こんな雪の素敵な映像をみつけたのでぺたり☆してみます。

ゆうこ。