キャッケレ。


こんばんは。
こんなステキなインタビューを貼ってみます☆
http://www.thefuturetimes.jp/archive/no01/iseya/

このおはなしのなかで、アーティストとしてのプライドではなく、個人としてどう動くかっていうお話しが、すごく印象に残りました。
その作品たちが面白くて斬新(fashionable!)なものになっているところが、組織がパワフルに動いてゆくエンジンになっているのかも・・・☆☆☆
飛び抜けてハイセンスな感性を、自分のためにではなく世の中に“役に立てている”ところ。それが動いて回って、また自分のところに戻ってくるとそれがまたエネルギーになってゆくのかな…。だから、オリジナリティは大切にしながら、自分のためではない・・・という精神にとても惹かれるのだろうな、なんて。


and...
透明な気持ちって、ガラス窓みたいにいいことも、悪いことも(いいことだけとっておけたらいいなって想う☆)白く曇ってもすーっと自然に元に戻れるような気がする・・・。そして波風を立てないことが、周りの顔色をうかがうみたいなびくびくしている感じではなくって、相手に対する愛情からなのなら、わたしはそれは“正解”だと想います。

毎日“生きて”いるとなにかに触れて迷ったり、自分にはない綺麗な色を素敵だと感じて混ざったり、でもその機会が多いときはグレーになりそうになったり……☆でも最後に自分の色を想いだしたとき、もっと綺麗な自分の色になれるといいなと想っているみたいです。(比喩だけれど、なにやらこころのなかの現実的でもある不思議な感覚なのです)☆

道ばたに咲いてたお花です。空もなんとなく、真冬じゃなくなってる気がします。
もうすぐ春だよー★
TITLEは、イタリアでこの時期に食べられるお菓子の名前desu♪♪

☆LOVE&KISS☆
YUKO☆☆☆