金のたてがみ揺らして

わたしの大好きな絵本作家、荒井良二さんの新刊絵本が届きました。なんと直筆の絵とサイン入りです!(興奮☆)
“あさになったので まどをあけますよ”
帯には“なにげない日々のくりかえし そのなかにこそある たしかな希望 生きることのよろこび きみのまちは はれてるかな”という文章が綴られています。震災後に荒井さんが被災地を訪れてできた絵本なのだそう・・・。

いつもとはすこしだけちがう筆致で描かれたこの絵本は、どこか大きな生の自然や空気を携えていて、よぉくこまかくみると・・・“窓をあけるちっちゃい子”たちがそれぞれにちっちゃく描かれておりまして・・・☆内容をばらすことになっちゃいそうなのでこれ以上書けないけど、それぞれの子からこの世界がどんな風にみえているか、っていうのがすごくわかりやすいイメージで描かれています。
表現力って本当に素晴らしい!
新刊なので、本屋さんにてよかったらぜひめくってみてください☆☆☆(そんなわたしは決して回し者ではありません☆★☆)
同じようなこころもちになる荒井さんの本に、“きょうというひ”という絵本もあります。ステキです・・・!
あさになったのでまどをあけますよきょうというひ
KISS&HUG
LOVE
YUKO

あたまで考えて理屈を通そうとすると、かえって間違えることがあると想います。
あたまで生きている“人”より、こころで生きている“人”のほうが・・・しあわせなんだと想います・・・☆ :)

関係ないケドオマケ・・・すっごーく綺麗☆☆☆
同じくwoominの音楽な模様。

http://www.irmagroup.jp/irma_artist/woomin